グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ

2009年02月17日

ちりめんじゃこという名前について

ちりめんじゃこ

呼び名
ちりめんじゃこは関西での呼び名で比較的良く乾燥させたものを指す。関東ではシラス干しと呼ばれ生乾きの状態で出荷されていたが、現在ではその区別はあいまいになってきている。

<引用元ウィキペディア>

ちりめんじゃこを購入したい方は⇒楽天で

グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ
posted by yamaoka at 21:03| ちりめんじゃこ 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちりめんじゃこ

ちりめんじゃこ

ちりめんじゃことは
ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)は、イワシ類(カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・シロウオ・イカナゴなど)の仔稚魚を食塩水で煮た後、天日などで干した食品。ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわをもつ絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えることからこの名前がついた。魚そのものはシラスといい、しっかり干さないものはその名で呼ばれることもある。

収量が多く、油分の少ないカタクチイワシの仔魚が用いられることが多い。ちりめんじゃこの体長は一般に10〜40mmのものを指し、20mm前後のものが商品として一般的である。また、牛乳と共にカルシウムを多く含む食品の代名詞ともなっている。

<引用元ウィキペディア>

ちりめんじゃこを購入したい方は⇒楽天で

グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ
posted by yamaoka at 20:33| ちりめんじゃこ 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。