グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ

2009年02月18日

ちりめんじゃことシラス干しの違いB

ちりめんじゃこ

東京では「釜揚げしらす」でも、高知では「釜揚げちりめん」

高知では全く区別せず、全て「ちりめんじゃこ」と統一して呼びますので、関東などで言う「釜揚げしらす」も高知で言うと「釜揚げちりめん」となります。
同じように、「しらす干し」も高知で言うと「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」という表現になります。
そのため高知では「しらす(しらす干し)」という名前を目にしたり、耳にすることはありません。

地元高知のお客様は、「釜揚げちりめん(釜揚げしらす)」などの柔らかめのものを「ちりめん」、ある程度乾燥したものを「ちりめんじゃこ」または「おじゃこ」と呼び分けています。

ちりめんじゃこを購入したい方は⇒楽天で

グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ
posted by yamaoka at 03:34| シラス干しとの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちりめんじゃことシラス干しの違いA



呼び方は地方によって様々。 高知では全て「ちりめんじゃこ」
高知では「しらす(しらす干し)」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼ばれます。
乾燥度に限らず、干し具合が柔らかめの品も固めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。
※「ちりめんじゃこ」の他、「ちりめん」、「おじゃこ」、「じゃこ」なども使われます。

「高知では」と付けたのには理由がありまして、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うんです。

全国各地にお住まいの当店常連のお客様にアンケートをお願いしてみましたところ、地方によっては乾燥度の低いものを「しらす(しらす干し)」、高いものを「ちりめんじゃこ」と呼び分けるそうです。
さらに区分けすると、「しらす」→「しらす干し」→「ちりめんじゃこ」の順に乾燥度が高くなるとのこと。
大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。

地方によってこれだけ呼び方が変わると、意見が分かれてしまうのも頷けます。
ちりめんじゃこを購入したい方は⇒楽天で

グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ
posted by yamaoka at 03:02| シラス干しとの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちりめんじゃことシラス干しの違い@

ちりめんじゃこ

「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違い
呼び名の違いは「乾燥度」の違い?
どちらも共通しているのは、鰯の稚魚を使った食材であるということ。
鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。
大きさや乾燥度の違いなど、様々な理由で「しらす(しらす干し)」や「ちりめんじゃこ」と呼び分けられているようです。

ちりめんじゃこを購入したい方は⇒楽天で

グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ
posted by yamaoka at 02:53| シラス干しとの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。