グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ

2009年02月18日

ちりめんじゃことシラス干しの違いA



呼び方は地方によって様々。 高知では全て「ちりめんじゃこ」
高知では「しらす(しらす干し)」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼ばれます。
乾燥度に限らず、干し具合が柔らかめの品も固めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。
※「ちりめんじゃこ」の他、「ちりめん」、「おじゃこ」、「じゃこ」なども使われます。

「高知では」と付けたのには理由がありまして、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うんです。

全国各地にお住まいの当店常連のお客様にアンケートをお願いしてみましたところ、地方によっては乾燥度の低いものを「しらす(しらす干し)」、高いものを「ちりめんじゃこ」と呼び分けるそうです。
さらに区分けすると、「しらす」→「しらす干し」→「ちりめんじゃこ」の順に乾燥度が高くなるとのこと。
大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。

地方によってこれだけ呼び方が変わると、意見が分かれてしまうのも頷けます。
ちりめんじゃこを購入したい方は⇒楽天で

グルメ検索@びーぐる
び食ぐるめ
posted by yamaoka at 03:02| シラス干しとの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。